キクガシラコウモリ科

キクガシラコウモリRhinolophus ferrumequinum

キクガシラコウモリ科(family Rhinolophidae) に含まれるキクガシラコウモリ(horseshoe bats)は、現存する唯一の属であるキクガシラコウモリ属(Rhinolophus)の代表種であり、カグラコウモリ科(Hipposideridae)と近縁である。キクガシラコウモリは、小型から中型サイズのココウモリであり、頭胴長は35 - 110 nmである。日本には4種の亜種が生息している。

 

以下の種名をクリックすれば、京都・滋賀に生息するキクガシラコウモリ科(family Rhinolophidae) の詳細な情報を確認することができます。

IBRG概要 >

島コウモリ調査グループ(The Island Bat Research Group:IBRG) は国際的に活動する学際組織です。日本や国外の絶滅の危機にある島嶼性コウモリの研究と保護に数年に渡り取り組んできました。

コンタクト >

T: +81 (0)75-753-3137

F: +81 (0)75-753-3133

E: islandbatresearch@gmail.com

© 2018 by Christian E. Vincenot.

本ウェブサイト上の写真・動画は、グループのメンバーやその友人、もしくは共同研究者により撮影されたものです。そのため、これらの写真・動画を転載する際には、権利者の許諾が必要となりますので、あらかじめお問い合わせくださるようお願いいたします。

IBRG logo.JPG